女性の無理なダイエットの危険性

女性 無理なダイエット健康
女性 無理なダイエット
にほんブログ村 にほんブログ村へ

みなさんこんにちは

町田コンディショニングジム健介のケンスケです。

そろそろ気温も上がり、肌の露出が増える時期、

女性の方でダイエットを始めてみようと思う方も多くいらっしゃると思います。

ダイエット法はメディアで紹介されているものも含めてさまざまなものがあり、自分にできそうなものにチャレンジされるかもしれません。

しかし、一般で紹介されるダイエット方法の多くは短期的に体重を落とすことはできるかもしれませんが、女性の無理なダイエットは体に対してさまざまな危険性が潜んでいるのです。

今回は女性の無理なダイエットが引き起こす身体への危険についてご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『はてなブックマーク』するとまた記事を読み返していただくときに便利です。

follow
フォローお願いします
スポンサーリンク

若い女性のダイエットは問題視されている

痩せている女性、いわゆる低体重の女性年齢が若くなるにつれて増加傾向にあります。

女性無理なダイエット①

ここでいう「やせ」とは、BMI値([体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で算出される値)が18.5未満の方となります。

「やせ」の女性は2017年のデータでは20歳代女性では21.7%、30歳代では13.4%、40歳代では10.6%となっています。

このデータはここ10年間変化がなく、若い女性のやせたいという願望は、ずっと変わっていないということとなります。

また、この目標値を厚生労働省は20代女性で20%としており、この目標値もここ10年改善されていないのです。

つまり、女性の痩せたいという思いはずっと変わっていないということが言えると思われます。

若い女性がダイエットに励む理由

なぜ、若い女性がこぞってダイエットに励んでしまうのか。

それにはいくつかの理由が考えられていますが、最も多いのが適切な体形の認識不足です。

人それぞれ体形が異なるように、その人に適切な体形は異なります。

それが、ただ痩せていればよいという誤った認識が広まってしまいその結果として無理なダイエットをして痩せようとする若い女性が増えてしまっているのです。

メディアの影響も

とある調査によると、ダイエットをする若い女性の多くは、メディアの影響を受けていると考えられています。

女性無理なダイエット②

近年はテレビ、インターネット、ファッション誌と情報を得られる機会が多く、そこに映る女性も痩せたきれいな方が多く見受けられます。

その女性にあこがれを抱き、ダイエットに奮闘するという若い女性が多いのです。

自分が他者の目にどう映っているか気になる

思春期以降になると、メディアに出ている女性へのあこがれだけでなく他者の目に自分がどう映っているか気になるようになります。

特に異性の目に映る自分の姿が気になりだし、過剰にダイエットをしてしまうのです。

危険なダイエットが女性の身体に及ぼす影響とは

まずは、ダイエットが女性の身体に危険を及ぼす影響についてご紹介します。

低栄養 危険なダイエットとして最も多いのが、過剰な食事制限です。食事の回数を大幅に減らし、その食事量も減らすという方が多いのではないでしょうか。

女性無理なダイエット③

また、女性のダイエットに多いのが「○○だけダイエット」というような単品の食材のみでのダイエット方法。

トマトダイエット、豆腐ダイエット、りんごダイエットあたりが記憶に新しいのではないでしょうか?

このように食べ物に偏りがあったり食べる量が極端に少なかったりすることで低栄養状態に至ります。

低栄養状態になれば当然ながら身体の各機能に影響を及ぼしてしまい、場合によっては医療機関へ入院して治療を行わなければならないこともあります。

今や日本の若い女性の5人に1人が低栄養状態であると推測されており、この宝飾な現在の日本であるにもかかわらず終戦直後よりも摂取カロリーが低くなっているとも言われています。

実は食事を制限したダイエットは太りやすくなるといわれており、実際にエネルギーを体脂肪として蓄えやすい体質へと変化してしまうのです。 また、低栄養状態はこれからご紹介する病気にも影響を及ぼします。

貧血

女性はもともと月経があるということもあり男性よりも貧血になりやすい傾向にあります。ですが、栄養バランスが乱れていたり、食事の摂取量が少なかったりすれば当然ながら鉄分も不足してしまいます。

そのため、特に月経中において体調が悪くなる貧血状態の女性が急増してしまうのです。

骨粗鬆症

栄養バランスの乱れた食生活を続けることによって、カルシウムが不足し、骨がスカスカの骨粗鬆症になってしまう可能性が懸念されます。

特に、骨が作られる10代~20代に無理なダイエットを行った方の場合、カルシウムがしっかりと貯蔵されておらず、骨粗鬆症になるリスクは高まります。

婦人科系疾患

無理なダイエットを継続し、栄養不足になれば体内のさまざまな臓器に影響を及ぼすとご説明しましたが影響を受けやすいのは婦人科系の臓器です。

女性無理なダイエット④

特に卵巣は、栄養状態が悪くなることで機能が低下し、ホルモンの分泌量が減ることで、月経不順、無月経、無排卵といった婦人科系のトラブルへつながり、それが最終的に不妊症へとつながる可能性もあります。

ダイエットを始めてから月経不順になった、あるいは月経がこなくなったという方は、今自分が無理なダイエットをしている証拠といえ、その症状は体からの危険信号として受け止めてください。

女性の無理なダイエットが及ぼす影響は身体だけではない

無理なダイエットをすることで身体に及ぼす危険性についてご紹介しました。

しかし、無理なダイエットは身体だけでなく心へも影響を及ぼします。ダイエットによる心の影響として有名なのは拒食症、過食症です。

拒食症とは

拒食症とは食事を摂りたがらなくなる心の病気で、特に10代の女性に多い傾向にあります。 拒食症はダイエットへの失敗や家族や友人からの体形への中傷を契機として発症することが多いです。食事だけでなく水分も取りたくなくなるため栄養状態の悪化を招いてしまいます。

過食症とは

過食症とは極端に大量の食べ物を摂取することです。たくさん食べるのですが食べたことを後悔して嘔吐をしたり、下剤を大量に内服して下痢を誘発させたりすることもあります。 拒食症と過食症は、摂食障害が慢性化すると、無月経や低血圧・不整脈など多くの健康障害を招く恐れがあります。また、精神的な面からきているため、自力での改善が非常に難しく医療機関を受診する必要性が出てきます。また、放っておくと心も体もどんどんむしばまれて最終的には死に至るということもあります。

ダイエットとは“痩せる”ではなく、“適切な体重の維持”

厚生労働省はダイエットが成功したかどうかは体重がどのくらい減ったかではなく、適正体重を維持し続けられるかというところにあるとしています。

女性無理なダイエット⑤

つまり、食べ物を抜いて無理やり体重を減らしてもリバウンドなどによってまた体重が増加してしまえばそのダイエットは健康に害を与えただけで無意味ということになります。

適切なダイエット方法はバランスの良い食生活と運動です。

健ジムでは、女性のダイエットサポートも行っております。正しい方法での運動を無理なく行うことで体重の減量と維持ができるようにサポートを行います。

あなたに合った、あなたらしい体系を求めていきましょう!

また、全体の体重を減らすためのダイエットだけでなく部分的な引き締めもマシーンを使うことでサポートが可能です。 健康的にダイエットを始めたいと考えている方は是非ご相談ください。

管理栄養士が代表を務める健ジム

町田コンディショニングジム健介

⌘ 東京都町田市 根岸2丁目1−2 OTMビル3F

 〈町田駅〉町田バスセンターから

 ・町78:木曽南団地-野津田車庫行き 「上の原」バス停下車 徒歩2分
 ・町17:町田淵野辺駅北口行き 「淡島公園入口」バス停下車 徒歩2分
 ・町33:木曽南団地-下山崎行き「町田総合高校入り口」バス停下車 徒歩5分
 ・町30:橋本駅北口-町田ターミナル行き 「下岸根」バス停下車 徒歩7分

 〈お車〉

  駐車場4台完備。お車でお越しの際はご連絡ください。

⌘ 各種お問い合わせ

 info@cg-k.com
 050-5435-7378

町田コンディショニングジム健介 ホームページ

町田コンディショニングジム健介 YouTubeチャンネル
 筋トレや健康、バドミントンについての動画を配信しております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました